お知らせ

第一幼稚園からのおしらせ

年始の行事と、食べ物

2012-12-27

2012年も残すところあとわずか・・・一年が過ぎるのは本当に早いですね。幼稚園も冬休みに入りました。大好きな家族と共に、楽しいお正月を迎える子ども達。冬休み明けに、どんな思い出話が聞けるか今からとっても楽しみです!さて、年始の行事について少しお話させて頂きます。我が家の先祖である「神様」を迎え、今年一年の家族の「健康」と「無事に豊かに過ごせる」ことを祈り、お供え物(おせち料理)を下げて、新年を迎えられたことに感謝し、皆で祝食することがお正月の行事です。その時に頂くおせち料理にも、一つ一つ意味があることをご存知ですか?

一の重は、口取り・祝有が詰められています。黒豆:健康でマメに暮らす・田作り:豊作の祈り・数の子:子宝に恵まれる・昆布:喜コンブ・キントン:お金が貯まる。

二の重は、焼き魚と酢の物が入っています。鯛:めでタイ・エビ:腰が曲がるまでの長寿と言う意味。

三の重は、煮物が入ります。大根:根を張って生きる・ゴボウ:細く長く生きる・里芋:踏まれても強く生きると、それぞれの食材に一つ一つの意味が込められています。毎日元気に過ごせるのも、新年を迎えられたのも、食べ物のおかげと、家族揃ってお話して頂けたら嬉しいです。皆様、良いお年をお迎え下さい。